ブログ村リスト

  • ブログ村リスト
無料ブログはココログ

10×10 con

2013年2月24日 (日)

テンテンコン、オワタ!\(^o^)/

 急遽休日出勤(この時間からかw)になったので、報告だけ。

Dsc03837 Dsc03838

Dsc03839

 ちと手直ししたいところもあるけど、まぁ99%完成なのでよしとしよう。

 いやいや、疲れたのぅ;

 来週は、途中だった傭兵軍のトロピカル姉さんを完成させねば・・・

2013年2月19日 (火)

おっさんに飽きました \(^o^)/

 ということでもうよかろう。

Dsc03818

 さぁ最終仕上げに入るよ-。今週末で完成報告なのだ!

 でも、完成までベースは見ぃーせないぞー(笑 <ほんとに出来てるのか?

Dsc03819_2

 ラストすぱぁーとぉーーー! (´-д-`)b

2013年2月18日 (月)

引き続きおっさん

 では1/35フィギュアの服の塗り方手順をご披露してしまおうね。

 今回はヴァレホアクリルを使って、クッキリシャッキリさせるよー。

Dsc03813

 パンツに注目!
 まずはフラットブラックが付いていない、ハイライト面に基本色を塗る。

Dsc03815

 次に、フラットブラックがついてる影部分にシェード色を塗る。

Dsc03816

 水でうすーくした中間色で境目をボカして、ハイライトをさす。以上、おわりでござる。

Dsc03817

 うしろ。日差しの強さを表現したかったのだが、どーじゃろね。

 塗り方は簡単でそ? みんなも試してみてちょーだい。

2013年2月17日 (日)

2人目のおっさん

 懸案だったベースは、ほぼ工作が完了。

 色を塗るだけなら何時間もかからないはず。最低限、完成への道筋はできた・・・

Dsc03811

 二人目のおっさんヘッド。支えのハリガネがΦ1.0mmじゃよ。アクリルだけでここまで塗り分けられるようになったのは収穫だった。

Dsc03812

 仕上げるにはもう3日かかるかな。

 どっかで有給取れるといいんだがなァ・・・

2013年2月16日 (土)

引き続きベース製作中

 工作は終わったなりー。

Dsc03809

 若干手直しして塗装に入るでござる。

 ・・・・・正面は完成までヒミツでござるw

2013年2月15日 (金)

ベース製作中・・・

 この週末でベースを完成にもっていかないと、かなりつらい・・・

Dsc03807

 がんばるべぇ。(`・∞・´)

2013年2月10日 (日)

いよいよヤバイか??

 あと20日しかないやないか。たのむでしかしッ!

Dsc03795

 やっとこ、おっさん一人仕上がったがな。

 けどおっさんもう一人おんねんで。どないしょ?(汗

Dsc03799

 いやまた、このおっさんディンゴにピッタシやがな。けどパンツァーベレー被っとんちゃう?いうトコロはさりげなく見逃してほしい。

 これなー、戦車兵だった友達の形見なんや・・・。
 ええかコラ、ドイツ兵!
 このディンゴたんでメッチャいわしたるァ!!

 ・・・ま、ほのかに無理風味漂うんやけど。そこはキミ、負けたらアカン。
 ダンケルクの海は悲しい色やね。さよならをみんなここに捨てに来るから。

 二度目のダンケルク撤退はないでッ!きばらなッ!!
 

 で、締め切り落とすのもないでぇー? < えぇ、わかってます;

2013年2月 7日 (木)

ルーペの威力

 おいらは近眼に乱視で老眼と、目に関しては絶望的に低スペックなのである。

 従って、フィギュアの塗装にはルーペが欠かせない。それもヘッドルーペとか眼鏡につけるルーペはダメ。すぐに頭が痛くなるんだなぁ。

 なんとか我慢できるのはハズキルーペだけ。あとはスタンドルーペでないと作業できないワガママな子なのです。

Dsc03789

 ということで、今日はルーペの威力を検証する。左は1/20で愛用の2.5倍にヘッドルーペの2.5倍レンズをブーストしたツカサスペシャル。右は10倍のダブルレンズスタンドルーペ。

Dsc03790

 まずはナチュラルな状態。1/35のヘッドは小さいね。ちなみにこのベース(Mr.バイス)は高価(定価で7000円)だが、フィギュア塗装ではもんのすごく使える。世界レベルでこんな逸品はまず手に入らない。日本人に生まれてヨカッタ!と言えるアイテムだと思う。

Dsc03791

 ツカサスペシャルで見たところ。かなりズームされている。1/20だと視野と拡大率のマッチングが極上なのだが、さすがに1/35ではいかんともしがたい。目を塗り分けるのは至難の業でござる。

Dsc03792

 レンズ下部にあるブースター(4倍)部分を使ってもこんなもん。視野が狭い(10mm前後)ので利き目でしか作業できない。片目では遠近感が取れないので筆運びが困難なうえ、下手すると意図しない場所に穂先があたって、顔を汚してしまうことがある。

Dsc03793_2 Dsc03794_2   

 と、いうことで必殺10倍のルーペで見たところ。ルーペを外した状態と比べてもらえば一目瞭然の効果ですね。この性能でお値段4400円はお買い得だったと思うなぁ。

 実際の目で見た大きさはこの5倍くらいあり、1/35フィギュアの目が5mmぐらいに見えるので塗り分けも楽勝・・・と言いたいところだが、実際は穂先の精度や手の震えもあり、大きく見えるから簡単に塗れるというものでもないのがなんとも・・・。

 ただ、見えないのでは塗り分けのしようがないんですよ。見えるからこそ、努力すれば技術も向上するし、その先もある!というものです。吉岡先生も「見えなかったら勝負にならない」と言っておられますからね。

 フィギュア塗装をレベルアップしたい!というときは、まず「顔がよく見える」ような環境を整えるところから初めてみてはいかがでしょうか。

2013年2月 6日 (水)

思案

 アルパインの素敵紳士(APM52380 ”British Armoured Crew Set”)をどう組み合わせようか?と思案中。

 この2体はアルパインの連合軍フィギュアの中でも5本の指に入る名作。

 どんな車両にもマッチするので、一家に2,3セット欲しいところだね。

Dsc03788

 週末はいよいよベースも形にして、完成形のイメージを固めたいところだね。

 この3連休が勝負じゃなぁ・・・

2013年2月 4日 (月)

慣れている最中;

 爆業中で模型時間が1時間しか取れぬ!

 それにしても、1/35の顔を真面目に描こうと思ったら、なんと難しいことよ。

Dsc03786_2

 でも、昨日よりだいぶ慣れてきたので、明日あたりには思ったような仕上がりになるかもしれない。

 

 ・・・と、信じてやるしかないわなぁ。orz