ブログ村リスト

  • ブログ村リスト
無料ブログはココログ

1/48

2014年6月23日 (月)

TAMIYA 1/48 BA-64B & GAZ-AA (3)

 今週(25日)はついにハセガワ様からMk44が発売になる。(はず)

 そこでワシはサイトウヒールせんせーのMk44用新作フィギュアも予約しておいたのだァァー・・・もうワシったら感心ですね。

 ここでハセガワ様のMk44を「ほう、アスロック短魚雷の模型がでるとは!これも艦これ需要かの?」などとボケてはいかぬよ?チミ。

 Mk44と言ったらアンモナイツだよ!

 しかも2体入り!一粒で二度美味しいんだよ!

 更に!その2体のウチ、今回新デザインとなる固定武装Verは2体パック版でしか発売されないとのこと。

 ここ重要ですよ?

 手持ち武装タイプは後日単品パッケージで通常商品として発売される。
 今回の2体パックは限定特別バージョンなのです。

 版権承認している横山センセがそうおっしゃってるので間違いない。

 まーこの「今回だけのご提供」商法というのは「この模型は本誌の特別付録で今後発売はいたしまてん!」と断言しておきながら、ヴァージョン変え(乙→甲)でまんまとガルパン便乗にて荒稼ぎした小嘘つきのファ●ンモー●ドに見られるように実に危うい。どこまで信じるか難しいトコ。

 だがワシの極めて個人的な期待的感想を述べさせて頂ければ、ハセガワ様はわりかし忠義のメーカーであるからそうそう簡単に嘘はつかないんじゃないかな?と思うんです多分ンー。だからその自信のなさはハセガワ様に失礼だろワシったらもうね。

 なんにせよコレを今回買い逃すと君には一生「Mk44固定武装型を買いそびれたうんこ野郎」のレッテルがついて回ることになるぞこのうんこやろう。

 Ma.kミーティングへ出席する度にやぁ、お元気ですかうんこやろう?」「遠いところからわざわざお疲れ様ですうんこやろう!」と必ず語尾にうんこやろうがついて回るMa.k人生って最悪だぜうんこやろう?

 買わずに悔やむより買って悔やめ。(゚Д゚)b
 やだァ、名言だわ。

 それにしてもアンモナイツというネーミングはいつ決まったんじゃろうね?なんかテッカマンが関係しているとか?<それスペースナイツですしおすし

Dsc05034

 今日のBAたん。( ^ω^ )

 塗装寸前までこぎつけたので、ここで寸止めしてGAZ-AAたんを同時進行する。

 塗装が同系だかんね。一度に片付けた方がいいけんね。

 ときにさー、タミヤさんのGAZ-AAさんたら、ラダーフレームが

Dsc05033


 これよ?怒濤の一発抜きよ?凄すぎるわ・・・神かしら?しかもサイドステップの表面には木目とビスのモールドまで入ってるのよ?フレームと荷台を固定する金具までちゃんとモールドが入ってるとか気合い界王拳10倍。

 もうね、蝶ネジ1本までバラしてパーツ化した発狂ミニアートはタミヤさんで100年くらい修行したらいいと思いますマジで。


にほんブログ村

2014年6月22日 (日)

TAMIYA 1/48 BA-64B (2)

 タミヤさんのヨンパチは、1/35で出て居ない車種の方が出来がイイような気がする。
 ↑禁句

 で、今更1/35でナースホルンが出ました~言われても「ああそうですか」ぐらいにしか感じないワシですが、これが1/48でナースホルンとフンメル出します~言われたら殺してでも奪い取るぐらいの勢いで「欲しい!」と思うのはどういう心理状態なんだろうね?

 多分、この1/48という絶妙なサイズの魔力なんだろうなぁ。

Dsc05030

 しかしまぁ、色々と辛いのでござる。

 まず膝。今年に入ってから猛烈に膝の具合が悪い。ちゃぶ台ワーカーのワシ的に致命傷と言えます。コンドロイチン買ってくるかなぁ・・・高いんだよなぁ。

 もう一つは目。照明をとっても高い、ドラさんの1/35戦車が5・6台買えるほど高いLEDのライトにしてかなり良くなったが、それでも小さなパーツを整形するのが辛い。目がショボショボする・・・

 そこで、ふと久々にハズキルーペを出してみたが、これがまたビックリするほどよく見えるんじゃよ。

 あれェ? なんで??∑(=゚ω゚=;)

 なんか、買った時は「まぁ、こんなもんだろう」ぐらいにしか思わなかったのに・・・

 で、気がついたよ。買った時と今の違い。

 今ワシは老眼鏡(遠近両用)使っているんだよね。ハズキルーペを買った当時は普通の近視用メガネだったのよ。

 ハズキルーペは老眼鏡と相性がいいらしい。

 さすがはろうがんずオススメの品ですな・・・

Dsc05031


Dsc05032


 今日のBAたん。( ^ω^ )

 遅々として進んでいないのであるが、逆に言うと遅々としてでも進んでいるのがエライ。

 いや自分で褒めてどーすんだよ?と思うとこですが誰も褒めてくれないので自分で褒めるしかないじゃないですかああーン?文句あるなら表出ろやァァ!<なぜ逆ギレ

 での、このBAたん。一見単純な形状に見えるフェンダーも微妙に複雑なカタチをしているが、見事に1パーツ抜き。しかも吸い付くように位置が決まる。

 小さな尾灯パーツも、ゲート位置が下面にくるようにしてゲート跡を目立たなくしているとか、エッジを効かせる部分は徹底してアンダーゲート採用とか、とにかく細かい部分におもてなしの心が行き届いている。

 実に素晴らしいキットですね。

 さっさと初期のキットもプラシャーシでリメイクして欲しいもんだね。
 ↑禁句

             


にほんブログ村

2014年6月18日 (水)

TAMIYA 1/48 BA-64B(1)

 例によってUCC缶コーヒーがオマケ戦術を繰り出してます。

 今回のは「攻メノスーパーカー」と題したランボルギーニコレクションなんだそうで。ホビダスとのコラボ企画のようですね。で、スーパーカーと聞いたら反応してしまう昭和40年代生まれですからハイ買いましたよ当然買いましたYO。

 ワシが好きなスーパーカーといえば青いマセラッティ・ボラとか白いロータス・エスプリとか黄色に黒線のデ・トマソ・パンテーラですかね。もうコカ・コーラの王冠コレクションでは確実にハズレ扱いだったにくいアンチクショウどもですよええ、未だ悔しくて夢に見ます。

 なお、この話題についてこれるのは老眼がはじまった親父のみですので悪しからず。

 エスプリなんて潜水艦に変形して海に潜りますからねー。だからそういう意味のスーパーカーじゃねぇぇぇぇ。エスプリが効いてるにもほどがある。

 当時は人気のイオタやミウラやLP500の王冠が欲しくて、夏休みなんて毎日腹がガボガボになるまでコーラを飲んでいましたけど、2回連続で青いボラが出たときはコカコーラの陰謀を強く疑ったものです。

 お、お前らなめるなよォ、馬鹿にするなよォ、僕だってぇぇー

 ・・・うわまたボラきたぁぁ!(涙

 今思うと、アレが俺のハズレ人生を暗示していたのかもしれぬ。

 しかし子供の小遣いは限られているのにコレクション魂には際限が無い。

 そこで幼少のみぎりのワシは、お店を巡回して扉式保冷器(正式にはナショナル製コカ・コーラ社仕様オープンタイプクーラーと言うらしい)の栓抜きユニットを引っこ抜いて逆さまにし、中にある王冠を回収するという実に小市民的手法を駆使してコレクションの充実を図っておりました。

 だがこの方法は商売敵が多いので、なるべく小学生が来ないような市内の店を自転車でチェックして回るという日課が地味にダルかったですな。

 今考えると、実にクダラナイことに膨大な時間と体力とカネをつぎ込んでいた気がしますが、コドモの情緒教育と人格形成にはにはそーゆーくだらないことに費やす時間が必要なのです!・・・ってオトナになってもやってることが同じなのはさ て  お    き。

Dsc05028

  このさー、カウンタックを緑色で塗るというセンスがシンジラレナイんですけど?普通赤じゃねーの?

Dsc05029


 今日のBAたん。( ^ω^ )

 全然進んでねぇな。w

 模型を作って本物の構造を知るというのは希に良くある出来事だが、このBA-64Bはまさにそんな感じですね。

 GAZのラダーフレームそのまんまの上に装甲ボディーをドンと載せただけの男らしい直球ボディ・オン・フレーム!

 ウィキによれば初期型はGAZのラダーフレームをそのまま採用していて、車輪幅の狭さとトップヘビーで不定地走行ではまことによくスッ転がったらしい。

 さすがは赤軍装甲車。こまけぇこたぁいいんだよ!p(`ε´q)

 そーゆー歴史的経緯も余すところなく楽しめるタミヤさんヨンパチ。

 オススメですわ。

 新製品のアキリーズはよう出んかのー。楽しみじゃのー。


にほんブログ村

2014年6月11日 (水)

リハビリはヨンパチで

 ということで、まずはこれをリハビリ材料にしようかと。

Dsc05022


 写真編集の方法を忘れてて焦ったわ・・・

  形にするだけならミニスケの方が楽に思えますが、実のところドラさんのキットはぱっと目良さそうでも形にするのにえらく手間取る地雷原でござる。

 ミニボは作りやすさはトップレベルなんですけど、古いキット特有の手間がクソ面倒でござる。

 となると、やっぱりタミヤさんのキットに落ち着くので御座候。

 なんだかんだ言っても、作りやすくてハイクオリティと言えばタミヤさんになっちゃうんだよねー。

 お手軽なヨンパチの中から、比較的新しいGAZ-AAとBA-64Bです。

Dsc05023


Dsc05024

 GAZはそのままガズと発音するらしい。「ゴーリキー自動車工場」の頭文字を組み合わせた無味乾燥な名称だがなかなかカッコイイね。日本で言えばダイハツ(大阪発動機の略)みたいなもんか。

 もとはフォード・モデルAのトラックバージョンであるモデルAA1/2tをコピーしたもの。

 フォードモデルAは世界初の量産化に成功したT型フォードの拡大版とも言える古色蒼然とした車で、1928年製造とは思えないほどクラシカルな構造だった。まぁ赤軍には丁度良いレベルだったのかもしれないけど、それをあの過酷なロシア平原で使えるように独自改良した上に生産性向上のため簡略化してしまったのだから、ロシア人にはドイツ人とは逆方向の機械的センスがあるんだろうな。

 キットとしては、ワシの当てにならない記憶だとモルドバAERの金型ではないか?と疑わしい腐ったようなズベ1/35と、ミニスケではメジャーだが現在情勢不安まっただ中のウクライナ・ユニモデルの1/72、1/48、同じくウクライナ・ミニアートの良い出来映えだがパーツが全てバラバラの発狂したようなキットがあります。多分。

 もう、誰が見てもタミヤさんのキットが一番。

 もっともタミヤさんがモデライズしたのは後期型の簡易生産型で、ユニモデルのは初期型ですから棲み分けは出来ています。なによりユニモデルはマキシム4連装対空機銃搭載型とかバリエーション豊富なのが魅力よね。

Dsc05025


 BA-64は赤軍版ジープであるGAZ-64(67)のシャーシを流用した装甲車。 
 Sd.kfz222の赤軍版などと言われたりして、実際よく似ているワケだがそこはまた赤軍クオリティで上手にデチューンされていて生産性と整備性が良い車両に仕上がっている。
 まー、今までキット化されなかったのが不思議なくらいの車両だが、以前はモルドバAERの腐った1/35しか無かった。近年ようやくヴィジョンモデルからいいキットが発売になり、タミヤさんからも1/48が出て一気にメジャー化した感じやね。

 ということで早速作ってみるのだぜ?

 明日から。(*^ー゚)bテヘペロ


にほんブログ村

2011年5月30日 (月)

TAMIYA 1/48 M26パーシング 完成!

今月の残業はきつかった・・・しかも最後に台風くるし・・・GW以降休日全部出勤だったYO;

Dsc01772 Dsc01774 Dsc01776

通風発作が何回も出る中、週末の夜に1~2時間くらいづつ進めるのがやっとでしたが、なんとか完成しました。今回のキモは、ラッカーの上にアクリルを塗って「ほんとうに剥がすチッピング」です。ようやく思ったような効果を出せたように思います。

Dsc01778 Dsc01780 Dsc01779

Dsc01781

地味にがんばったライトガードとかペリスコープガードとか。ライトガードはキットのパーツをモーターツールで削って薄くしてあります。エッチングじゃないんだからね!ペリスコープガードは0.2mm真鍮線。今回もハンダ付けは惨敗して瞬間接着剤・・・

いつになったら半田付けを覚えるのだ?orz

Dsc01782 

今回の微妙ポイントは足回りの泥。これは見た目とは裏腹に、恐るべき定着力にてカッターで削っても落ちないほど頑固な仕上がり。ここまで汚さなくても良かったのにな・・・

まぁ、何にしても肩の荷が下りました。

次回は「くろがね」復帰かのぅー。

2011年5月19日 (木)

TAMIYA 1/48 M26パーシング (6)

 いやー、もうね・・・

 連休含みの5月中間で残業が60時間超えて、つまり残業月120時間ペースなんですよ。

 過 労 死 ラ イ ン 万 歳。

 いいねー、国家と国民にために死ぬか。

 それもアリだ、一応年収600万だもんな。

 だがしかし、死ぬ気で気合い入っても悲しいかな体がついてこない。これは本当にまいった。これほど自分の老いを恨めしく思ったことはこの人生初だと思うのぉ。

 40代半ばの体力はダメだカスだクズだゴミだ;その上抗うつ剤と精神安定剤常用だから、なおさら言うこと聞かない。体にしてみれば完全にやってることがチグハグなので拒否反応をおこしているんだとは思うけど。

 でも、やらないかんことは、やらんなならん。

 その意味で恐るべき威力だと思ったのが、この抗うつ剤というやつだ。体がガタガタでボロボロで言うこときかねくても、強制的に寝て起きて(起きるときは自力なので一番辛い)あらゆる心の不安をノルアドレナリン・セロトニンの脳内物質増強でニトロエンジン積んだドラッグカーのごとき勢いにて乗り切ってしまうんだから。

 気力充実なんですよ、恐ろしいまでに気力パワー全開。クワーッ、カッカッカッ!!と、動かない体を無理矢理動かしてる感じ。これはヒロポンの現代版かもしれん。w

 さておき

Dsc01764 Dsc01765 

 どーだこのノルアドレナリン全開な塗装わ。(笑

Dsc01766 Dsc01767

 ガンダムでいう強化人間って、こういうもんなのかもしれんのぅ。

Dsc01768

 だがしかし、そう長くは続くまいし、続ける気もない。

 自己資金貯まったら早期退職してひっそりと模型屋をやろう、と決断しました。50歳までに1000万貯金して、退職金と併せて自己資金2000万になるかなぁ。まぁ、そんな夢でも持っていないと心が折れます。

 あとはフィギュアか。仕事より厳しい現実かもなぁ。(遠い目

2011年5月 8日 (日)

TAMIYA 1/48 M26パーシング (5)

 ミナサーン、コンバンワー!

 GW終了です!しゅーりょー、さようならGW、まっ晴れGWさようならぁぁ!!

 そしてM26は塗装終わりませんでしたぁぁぁ!(ノ゚д゚)ノ 彡┻━┻

Dsc01757

 ま、車体がそこそこ終わり見えた?くらいか。
 あのねー、今回はヘアスプレー法を使って、車体にこびりついたホコリが剥がれた感じを出したかったのね。

 でも、なかなかホコリ色(タミヤアクリル)が落ちなくて「キーッ!」ってなってね、エアテックスのストロングクリーナーで拭いてみたの。アクリル塗料がみるみる落ちる!と評判のストロングクリーナーを。

 結果。

Dsc01756 すっきり地肌♪(n‘∀‘)η

 おや?サフまで完璧に落としましたか?ストロングにもほどがありますね。

 ( ´_ゝ`)

 まぁ、それは見なかったコトにして先に進みます。いや、進まないだろ。
 ・・・しょーがねーんで砲塔は一部再塗装でさぁ、ダンナ。orz

Dsc01758

 てな珍道中でこんな感じで終わりました、ぼくのGWさようならぁぁぁ!

 ちなみに来週は静岡ですよね?

 ぼかぁ、お仕事ですがなにか?(・A・)b

 まっ、アレです。もしかしたら途中で抜け出して新幹線で静岡に顔出して、夜までに帰ってくるかも。┐(´д`)┌

2011年5月 7日 (土)

TAMIYA 1/48 M26パーシング (4)

 皆さん、こんばんわ。

 日本人の悪い癖、それは「詰め込みすぎ」ってこと。俺の仕事も詰め込みすぎだっての。なんとかしやがれバーロィ!

 さておき。

 M26の人は組み立て完了なのである。

Dsc01744 Dsc01746

 ちょいと小物を追加してサフ完了。さぁ、塗装に突入なんだが・・・実のところ、住友さんにも言われたことなのだけど、M26って何色なのさ?ってゆーのがハッキリしないんだな。

 現存するM26はもれなく茶色に近いオリーブドラブで塗られている。んが、それに近い色合いかと思われるのは試験中のT26E3がせいぜいで、大戦末期から朝鮮戦争、特に朝鮮戦争に参加した車両は、下手すると黒に近いような色をしている。

 これは朝鮮戦争に参加した米軍AFVの多くに言えることで、なんか大戦中の車両とはかなりイメージが違う。このような事情もあって、パーシングは茶色で塗っても緑に塗っても「なんか違うよね?」という仕上がりになってしまうのじゃ。困ったものだね。

Dsc01748 Dsc01749

 それでも、ミスホビラッカーのオリーブドラブ(1)を基本に、タンやダークグリーンを混ぜて変化をもたせたつもりなのが左。しかし、1/35の時で経験済みのとおり、ここから塗り進んでも全く見栄えしない戦車にしかならない。

 恐らく、M26は世界でも1番塗り甲斐のない戦車じゃなかろうか?普通に塗ったら普通以下にしか仕上がらないのだな。なので、そうならないように基本塗装で思いっきり外連味のある仕掛けをやっておく。それが今回のカラーセパーレーション。モジュレーションのように過激に明暗差を付けにくい形状なので、パネルラインを意識して「つぎはぎ」感を強調するような塗装を仕掛けてみた。

 右がその手始め状態。

Dsc01750 Dsc01752

 危うくマーキングを忘れるところだった・・・orz

 で、カラーセパレーションは「何コレ、頭おかしいんじゃないの!?」というくらい思い切って行った方がよろしい。フィルタリングでトーンが下がっちゃうからね。

 右の写真だと、なんとなく雑然とした米軍車両の感じが出てきたかな?ってとこ。

 こっからどう変わるのかは、自分でもワカリマセンw

2011年4月24日 (日)

TAMIYA 1/48 M26パーシング (3)

 先週に引き続き、土曜日が出勤になっちゃって、しかも終了朝方3時半。

 これで二週連続休みが半分つぶれてるな・・・日曜1日では、やることがアレコレあってなかなか模型まで手が回らないのです。

Dsc01736 Dsc01737

 とはいえ、1日1時間の成果が積み重なって、どうやら基本工作完了。まだ荷物の積み込みとか細部の仕上げがのこってますが、次回サフ吹けるといいなぁ。

Dsc01738

 こちらはリペイント中のKV。はよぅビネットにせにゃのー。

 んで、パソコンに向かっていると、条件反射的に甘いものがほしくなるんですが・・・。ここで魔のお菓子発見。「Tim Tam」なるチョココーティングのビスケットなんですが、マジヤバイうまさ。この止まらない度はウォーカーズのショートフィンガー並み。

 カロリーも凄くて1個95kcal。ショートフィンガーが110ckalだから、ヘルシー?(そんなことたぁない!)

2011年4月21日 (木)

TAMIYA 1/48 M26パーシング (2)

 皆さん、こんばんわ。

 仕事は1つ山を越えましたが、間髪入れず二つ目の山が土砂崩れかと。orz

 さて。それでもパーシングは微妙に前進。

Dsc01731 Dsc01732

 鋳造テクスチャーがちょいと単調すぎますかねぇ。あとはライトをクリアー化したりライトガードを薄く削ったり、結局ペリスコープガイドも真鍮線で自作とか。ま、微妙に前進。

 人間、夢がないと生きて行くのが辛いものです。おいらの今の夢はこのパーシングを完成させることだな・・・

 ときに、1/35のときは野暮臭かったパーシングですが、1/48だと意外にもカッチョイイのはどうしたことか?単純に縮小した訳ではないのかなー??

より以前の記事一覧