ブログ村リスト

  • ブログ村リスト
無料ブログはココログ

« 結局、キャラメルクレイが一番使いやすい | トップページ | 1/6バストモデル 練習3号と”アレ” »

2013年9月13日 (金)

キャラメルクレイ用ツールのメモ、IDクレイの固さ比べ

 言い訳をするようでなんですが、今週は妙に忙しかったので模型に手が着かず。まぁ、そういうこともあります。

 そんなワケなので、キャラメルクレイで使用した工具のメモなど残しておきます。
 何かの参考になると良いのですが。

◆スパチュラ。
 模型店で色々な種類が売っているんですが・・・

Dsc04663

 こーゆーのはキャラメルクレイでは使えなかった。

 以前にも書いてますが、キャラメルクレイは独特の粘りがあるIDクレイ(インダストリアルクレイ)で、非常にスパチュラの通りが悪い

 ・・・と、思ったの。実際、上のスパチュラではそうでした。

 ところが!ホライジングさんで扱っているスカルプター専用スパチュラを使って見て驚いたなんてもんじゃない。まさに目からウロコだよ!!

Dsc04665

 粘りなんて関係ない!ってもんだな。まさに自在に盛り削り可能。

 どれも秀逸な使い心地な上に、ビックリするほど安いのですぐ売り切れてしまうのも納得じゃよ。

 種類が多いので選ぶのに迷うとこですが、特にスパチュラ20~28のシリーズは1本250円という「どうなってんの?」な価格なのだけれども、いっちゃなんだが一番上の写真で言う模型店で3本セットが2千円以上するスパチュラの数万倍使えるので、まずそれを揃えるとよろしい。

 間違いなくオススメ。( ^ω^ )

◆ケンパーツール
 アメリカのケンパーというメーカーが発売しているクレイツール。

 先端が球状になったものは凹部の仕上げに便利です・・・というか、フィギュアの顔を作るときにはほぼ必須。ホライジングさんでも同様のものを扱ってます(457a~c)が、ケンパーの方が安いかな。お買い求めは造形ラボさんで。

 先端が鋭いナイフ状のツールは、唇や二重まぶたなど微細な形状を削り出す時に使います。まぁデザインナイフでもいいんだけど、こいつは両刃なので使いやすいです。

 但し刃付けは自分で目立てヤスリを使い調整する必要があります。

Dsc04666_2

◆リボンツール
 クレイの表面をそぎ取って形を整えるツール。最初から最後まで整形の主力になる重要なクレイツールなので、スカルプターであれば持っていて損なし。
 丸いやつがあれば他はいらないかも(ってもセットだが)。造形ラボさんで。

Dsc04667

◆ワイヤーツール
 同じく表面を微細にそぎ取って形を整えるツール。鉛筆感覚で細かいタッチを加えるのに適しています。これもほぼ主力で使うツールなので1本あると便利。

 ケンパーのは若干サイズが大きい。作るフィギュアのスケールで使い分けたいね。

 写真下のはホライジングさんの384。上のやつは実はスパチュラではなく、ニキビを潰すフェイスケア製品(メンズ  ザ・ポアクリアスティック極細ループ )だったりするw。これがまたワイヤーツールとして使いやすいんだが、高い!

 素直にワイヤーツールを買った方がお得。

Dsc04668

◆クレイシェイパー
 表面処理用です。ラバー製のチップで出来た筆のようなもので、表面を磨き上げたりマブタや鼻の穴など細部の形状を整えるのにもンの凄ゥく便利。
 一度使ったら手放せない逸品。造形ラボさんで。

Dsc04669

◆ワックスポット
 キャラメルクレイは硬いので、盛りつけ用の粘土はワックスポットで暖めて柔らかくしておくと、最初の大きな盛りつけ作業の効率が良いです。

 写真のは「アナログワックスポット」でググると沢山出てくる。

 だが、少し高いけどデジタルの方が温度が判ってオススメかな。

Dsc04670

◆その他 

 スポンジヤスリ
 お馴染み3Mのスポンジヤスリ。これが無いと表面処理が大変だ。目が詰まったらドライヤーやアルコールトーチで暖めると簡単に復活する。

 スプリングデバイダー&ノギス
 目鼻口耳の位置(カノン:理想比率)をチェックするのに使います。

 グリッド定規
 クロスラインで目鼻口耳のシンメトリーをチェックするのに使います。

 カガミ
 シンメトリーをチェックするのに使います。

 無水エタノール
 嘆かわしいことにプロスカルプターでも知らない人がいるんですが、キャラメルクレイやNSPは無水エタノールで表面をツルテカに磨くことが出来ます。ワックスでいうベンジンやペトロールと同じ使い方だね。但し多用すると油性成分が分離して表面劣化をおこすので、最終仕上げの必殺技にして下さい。

 また、スパチュラの跡を消すぐらいにがっつり表面処理するならタミヤエナメル溶剤を筆に付けてなでるとOK。但し、とんでもなく強力に溶けますので、まずは別の粘土で練習してから使いましょう。でないとモールドやエッジが溶けて泣くことなるぜ。

Dsc04671_2


 ま、こんなとこでしょうか。手前味噌でなんですが、ここまで親切にクレイツールを紹介している模型サイトはそうないと思いますよ。多分。

 

 ということで・・・ついでにNSPのハード(IDクレイ)とDimclayの"MaxCast"(ソフトワックス)が届いたので、使い心地を緊急レポートだ。

Dsc04672

 両方1kgあるんだぜ・・・どうすんだよコレ・・・(´Д`;)

◆NSPハード

 持った瞬間に「あ、ダメだ。」と思った。常温でエッジが潰れちゃう。キャラメルクレイはソフトでも常温ではエッジを持ったぐらいではびくともしないほどクソ固いし。

 結果から言いますと、硬さで言うとキャラメルクレイの勝ちだが、造形のしやすさで言うと、NSPは粘りが無くスパチュラの通りが良いので扱いやすさはNSPの勝ち。

 ちなみにNSPのハードはモンスタークレイよりわずかに固いか同じくらい。グレイスカルピーに比べると3倍くらい固いと思いたまへ。

 ってもよくわかんねぇし!というワガママなキミは以下へGO。

 

◆グレイスカルピーと各種IDクレイの固さ比べ

 俺様が体を張って実験してみましたよ?題して「親指貫入試験」です。

Dsc04673


 このように、室温25度の室内に放置してあるクレイに「ぬぅぅん!」と親指を突き立ててみて、そのくぼみ具合で固さを比べるというチープな実験ですガッテン。週末の夜中に何やってるんだろうね、俺は。

Dsc04679


 ↑グレイスカルピー。4.5mmくらい余裕で沈みますね。

Dsc04680


 ↑モンスタークレイ。3mmくらい。グレイスカルピーより少し固い。

Dsc04678


 ↑NSPハード。1.5mm程度。相当固いです。親指が痛くなった。

 このレベルだとスパチュラでほじくることは不可能なので、レンジでチンして柔らかくしてから使うのが常識。

Dsc04677_2


 ↑キャラメルクレイ(ソフト)。1mmあるかどうか。親指が「グキッ」とか言って悶絶したのはナイショだ。これのどこがソフトなのかと小一時間・・・

 ま、なんとなくご理解いただけたでしょうか?

重ね重ね手前味噌だけど、ここまで親切にIDクレイを解説している模型ブログはそう無いとおもうよ?うん。

 なお、国内でメジャーなIDクレイ「アルテ」ですが、65でNSPハードより柔らかいとのことであります。多分モンスタークレイと同等じゃなかろうかね。

 で、この結果からナニが言いたいの?というと、今年は猛暑でスカルピーがテロテロになっちゃったので嫌になった!それじゃぁIDクレイを使って見たらどうかしら?とか思っているアナタへ贈る言葉なのです。

 キャラメルクレイならともかく、それ以外のIDクレイに乗り換えるメリットは全くない。

 ハンドリングの悪さは、スカルピーを低温生焼きにして乗り切る方が絶対に楽。IDクレイの1次原型をキャストに置き換えるのはクソ面倒じゃからね、うん。

 

 と、いうところでツカレタ・・・MaxCastのレポートはまた後日。orz

 

 

 この記事役に立ったわよ!というアナタは是非ポチをよろしくお願い致します。|∀・)ノシ


にほんブログ村

« 結局、キャラメルクレイが一番使いやすい | トップページ | 1/6バストモデル 練習3号と”アレ” »

クレイ&ワックス」カテゴリの記事

コメント

道具好き土木関係者のわたしとしては
世界中のブログで近年稀に見る楽しい記事でした。
「親指貫入試験」は意外といいですね。
「山中式」とかよりずう〜っと感覚的に分かりやすいです(笑)。

◆むっちさん

  コメントありがとうございます!

  おお、むっちさんに喜んで頂けたとは、実に嬉しい!ヽ(´▽`)/

  IDクレイやソフトワックスの固さって、皆さん自分の尺度で書かれるので、素人には判りにくいんですよね。
  なので「皆さんが自分の部屋の中で固さを実感できる表現を使おう!」と思った結果がコレでした。

  まぁ、ぼくも一応は土木施工管理技士なので、標準貫入試験かコーン指数試験しかねぇな・・・とw

  山中式土壌硬度計って、マニアックすぎでしょ。(笑
  ・・・いや、でも農水土木ではまだ使ってるのか・・・?

えへ、マニアックでした?
うちは研究開発系なので
とりあえずあらゆる手段を使いますよ。
今度親指もやってみます(笑)。

拝啓
インダストリアルクレイのツールを探していてたどり着きました。
本業は彫刻なのですが銅像作れみたいな仕事は皆無なのでメダル原形とか創ってます。
昔は503とかいう棒みたいな茶色のインダストリアルクレイを使ってましたが今売ってないのでモンスタークレイを使っています。

シリコンで形取り後にキヤストに起こしますが、シリコンとの相性が有りクレイに接した面がねばねばして固まらないのが多いのです。
信越とクレオスは全滅で模型屋に聞くと肌理の細かいシルバースプレイで膜を作って流せと言う事ですが原形で修正を入れたいので出来ればクレイに直に流したいのですが相性の良いシリコンがあれば教えていただきたいのですが??
昔、東芝シリコンと言うのがありそれは完璧に形取りできたのですが現在代替え品しか売っていません。
使ってみましたが駄目でした。
試して無いのはヴォークスのくらいです。
御時間があれば宜しくお願いします。

マイケルさん、はじめまして。
結論を言いますと、私はIDクレイをシリコン型どりしたことがないのでワカリマセン。
片桐先生はクレイ原型の表面をクリアーラッカーで固めないとダメだとおっしゃったので、メーカーの問題じゃなくて手順の問題じゃないですかねぇ?
お役にたてなくて申し訳ありません。(´・ω・`)

有り難う御ざいます。
模型屋の答えが正解みたいですね。
クリヤ、ラッカーで固めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511144/58186787

この記事へのトラックバック一覧です: キャラメルクレイ用ツールのメモ、IDクレイの固さ比べ:

« 結局、キャラメルクレイが一番使いやすい | トップページ | 1/6バストモデル 練習3号と”アレ” »