ブログ村リスト

  • ブログ村リスト
無料ブログはココログ

Minibox

2013年10月28日 (月)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (ひとまず完成)

 あーッ!なんか降りてきました!ミニスケの神が!!

 

 今だ、急いで完成ダー(棒

Dsc04789


Dsc04790


 ちょ・・・まt w

 なんか蒸発してゼリー状になったパクトラタミヤみたいな神が降りてきたみたいですね、エエ。

 濃すぎンだろコレ。

 あーもーいーわ、完成でいい。しゅーりょー、久々のミニボしゅーりょー!

 ぇ?  サ イ ト 更 新 ?・・・えと、面倒だから1回パスで。ぉぃィ


にほんブログ村

2013年10月17日 (木)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (12)

   ガイアノーツの第4回ペインティングコンテスト結果が発表になりました。

 個人的には「ほほーぉ・・・(;´_ゝ`)」という感じかと。

 アンドウケンジさんが銅賞で、ストリームジローさんの作品が予選落ちってのがなんとも意外でしたな。

 ちなみに今回見事金賞に輝いた「錠剤」さんは、前回第3回で特別賞を受賞された「軟膏」さんと同一人物(河村氏)。

 んで、FBにタナベシンさんのキリコ塗装見本がアップされましたが、アンドウさんの作品を更に200%ぐらいシャープにした印象。ということは、俺がイイと思った作品はタナベさん目線でも良かったんだと思うな。

 だがこの結果。ま、順当と言えばそうなんでしょうが、加えてなんとなく・・・アンチなものが働いたのかも?という気がしました。

 同じプロフィニッシャーが毎回上位賞をかっさらって行くのはどうよ?って反感はあってもおかしくないかなぁ。これが単に名誉だけの問題ならそうはならないんだろうけど、なにせ高額賞品が付くわけですから。プロ野球チームが草野球チームの試合に乗り込んで賞金かっさらうようなもんだからね。

 とりあえずガイアノーツHPにある「コンテストではありますが、皆さんの作品を多くの方に見て頂くことが前提ですので、お気軽にご参加ください。 」という前置きを鵜呑みにしてはイケナイということが良く分かりました。

 内情はドロドロ溶岩でチンチンに火花散ってます。

 ともあれ、タナベさんの作品を見て、自分の方向性が間違ってなかったことは確認できましたし、我がキリコ兄さんのダメポイントを具体的に理解できたのはかなりの収穫。

 ってもダメポイントしか無いわけだがキニシナイ!

 やっぱり、実際に塗ったことがあるのと無いのとでは、教材の理解度が大きく異なりますね。手を動かすことは大事ですな。

 それと・・・アーマーモデリングのマスタボコンは、思ったより悪くなくて、真ん中あたりでコメントも頂けました。

 あの地味な内容でよくぞ健闘したものです。

 後日ちょっと修正を加える予定。

 来年のSHSで、どこかのブースに展示させてもらえると良いのですが。

 さておき。

Dsc04774


Dsc04775


 車幅表示ポールも付いたので、いよいよ明日からウェザリングだラッシャイ!

Dsc04777


 これがスフマートに使った油彩。9色使ってます。ピンウオッシュはMIGの2色。

 油彩は色味が鮮やかなので、単色で処理するとものすごく単調になっちゃいます。多色使って複雑な色合いを作り出す工夫が必要なのです。


にほんブログ村

2013年10月15日 (火)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (11)

 ようやっと終わりが見えてきましたかな。

 油彩のおおまかな作業は完了です。

Dsc04769


Dsc04770


Dsc04771


Dsc04772


Dsc04773


 ここまでくれば、放置になることはナイ!と思うんだけど・・・まだ油断できないね。

 明日の作業は・・・台風次第ですねぇ。( ´・ω・`)

 よし、がんばれ!というアナタはハゲマシのポチをおながいします。ヽ(゚ω゚ )ノ


にほんブログ村

2013年10月13日 (日)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (10)

 いやいや、ついに記事が2桁になってもうた。たのむでしかし・・・

 これでも結構集中してやっとるんやけど、なかなか進まんなー。

Dsc04767


Dsc04768


 今日は天気も良かったし、黒姫まで新蕎麦食いに行ってきたよー。

 むちゃくちゃ人混んでたなぁ・・・んで、新蕎麦うまかったわー!

 明日も食べにいこうかなぁ。( ^ω^ )


にほんブログ村

2013年10月11日 (金)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (9)

 234/3はカメの歩みで進行㊥。

Dsc04766

 先日、FBで写真をアップした際に山下しゅんや氏に「美しい」とコメントを頂きました。綺麗なイラストを描かれる山下氏から「美」で褒められるとは何という僥倖!

 前回の写真はFBでもご好評を頂いてまして、なんか俺の投稿はミニスケが一番反応がいいかもしれない。

 多分、その理由は最近はグラデーションを主体にしたAFV塗装を行う人がわりと珍しいってことにあるのかな、と思ってます。

 この塗装はヒストリカルフィギュア塗装のテクニックをミックスした結果なんですけど、フィギュアでは見慣れた塗装も車両に施されると一風変わって見えて、新鮮なのかもしれませんね。

 ちなみに、グラデーションは全部油彩のスフマート(ボカシ)によるものです。

 従前はドライブラシになぞらえて「生ブラシ」と呼んでいましたが、どうにも通りが悪いので改めました。

 このボカシは透過性の高い油彩ならではの技法で、他の塗料で同じようにやろうとしてもまず上手くできません。

 理由は、模型用塗料は基本的に不透過性だからだと思う。

 わずかにラッカー塗料は透過性があるのですが、ラッカーでボカシをするとなると乾燥が早いので正確には「ボカす」のではなく「泣かす」ことになり、顔料粒子が流れて綺麗な「点」のグラデーションにならないんです。その代わり下地と溶け合って複雑で深みのある色味になるという利点があります。

 ラッカーで泣かす技法は横山センセはじめMa.kの方々や、よくウチにコメントして下さるみにすけ屋さん、おとしぶたさんが得意とされているようですね。

 油彩のボカシ方法は以前も書いてますが、油絵具を点付けして、それを筆のタッピングで薄く広げて行くというもの。

 技法自体は難しくも何ともないのですが、力加減とボカシ具合にコツというかセンスというか、微妙な筆さばきが必要です。要は慣れですな。

 この技法は効果的かつ応用範囲が広いのでマスターしておくと色々と便利。

 私の他には、たーさんが得意とされてますね。逆に言うと、他に使い手が思い浮かばないなー、というのが正直なところ。

 マイナーな技法なんだろうかねぇ?おいらが知らないだけなのかな・・・


にほんブログ村

2013年10月 7日 (月)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (8)

 まだ迷彩を行うかどうしようか迷ってる。

 けど、もう単色でいいかな・・・面倒臭いし・・・

Dsc04756


 今時、こういう塗装は流行らないね。80'sの塗りが出来るAFVモデラーって絶滅危惧種じゃないのかなぁ?

 そう言う意味では俺って貴重種なので、是非保護して下さいプリーズ。

 そういうことなので、是非ポチって下さいプリーズ


にほんブログ村

2013年10月 6日 (日)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (7)

 さて、234/3を再開しようかのぉ。

Dsc04754

 迷彩を入れようか、どうしようか?考え中・・・・ぐぅ


にほんブログ村

2013年9月30日 (月)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (6)

 足が痛いの。死にそうなの。

 でも昨日よりはちょっと良くなったかな。

Dsc04735


 これで車幅ポールとジャッキ以外のパーツが付いた。いよいよ本塗装ですな。

 ときに、この234シリーズはジェリカンのモールドが甘くてションボリだね。ここをディティールアップするだけで随分印象が良くなるよ。

 今回は素組みする宣言しているので、ジェリカンのディティールアップが出来ないのはとても残念だなぁ。ああ残念だとも。(棒

Dsc04736


 スネークアイに限らず、マシーネンキットの曲面にあるパーティングラインは処理が面倒だ。そんなときは3Mのスポンジヤスリが大活躍するのだ。

 一つ持っていると、イザというとき必ず重宝するよ。

 そしてスネークアイの背中にある、月刊「根性棒」を買ってきてくれる便利な突起物はサディングにとても邪魔なので、最後に付ける方がいいね。

 

 おや、イイコトを聞いたよ!っと思った人は迷わずポチってね。|ω・)


にほんブログ村

2013年9月29日 (日)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (5)

 微速前進である。

Dsc04734


 実は、夕べから痛風発作が起こってしまった・・・それも久々の「起き上がれない」ほどの重症。で、手持ちのロキソニンは2錠しかなく、それを飲んで市内を回ったが日曜日に薬剤師の居る薬局は開いてないのだ。

 上越市内には調剤薬局が100店舗ほどあるのだが、休日にやっているトコはゼロなのである。

 折角ロキソニンが市販薬になったのに、薬のアオキにはロキソニンSが山積みなのに、俺は足が痛くて死んだ方がマシなくらいなのに、売ってもらえないのである。

 パソコンからいつでも通販で買える薬が、店で買えない理由がわかんないんですが?

 この国の薬事法はどうなってんだYO。

 しかしである。同じような苦い(そして痛い)思いをした痛風キャリアの皆さん、安心して下さい。

 第二類医薬品であり、薬剤師が居ない薬局でも購入できるセデス・ハイ(IPA配合)が痛風発作にもしっかり効くのであります。

 但し、痛さに応じて最大で界王拳3倍(6錠)飲む必要がありますので、ご使用は自己責任で。

 いやー、でもこれで俺の痛風ライフは死角がなくなったね、うん。

 まぁ、そんなわけで足が痛くて模型はあまり進まなかったよー。先週はストレスの溜まることばっかだったし、季節の変わり目だし・・・出るとは思っていたんだけどね;

Dsc04733


 と、いいつつも・・・実はスネークアイも進行中なのである。

 暫定的なSGによる、暫定的な部隊の、暫定的な陽動作戦に、敵が暫定的に食らいついた。これよりカンペキ兵器な我々スネークアイ部隊が鮮やかに活躍せしめることにする。

 ・・・さっ!ゆくぞ兄者!スイスイ

 スネークアイもがんばりなはれ!と言う方は是非ポチを~

 

 


にほんブログ村

2013年9月28日 (土)

Hasegawa 1/72 Sd.kfz 234/3 (4)

 いよいよガイアノーツのサイトで「第4回ガイアノーツペインティングコンテスト」の第1次投票が始まりました。皆さん、お気に入りの作品に投票して盛り上げておくんなさいよ。

 あえて俺に投票して下さいとは言いません。大人なので。

 今回はお題が難しかったか?全13作品と、少なめ。ざっと見て思ったのは「どれも似通ってるなw」ってこと。やはり固定イメージを逸脱する冒険は出来なかったか・・・

 際だって上手いのは、前回の覇者にして過去3回全てで入賞しているアンドウケンジさんですね。
 俺の記憶が確かであれば、この方はコトブキヤのフィニッシャーだったと思う。つまりプロなので上手いのは必然だが、それ以上に驚いたのが皮膚の表現。

 肌に静脈が透けて見える技。最近俺も海外のフィニッシャーさんの記事で塗装技術を習得したとこなんだけど、まさかキリコでこれを使ってくるとは・・・サスガですなァ。

 もう一方、抜きん出て上手いのがストリームジローさん。前回まで入賞者に名前はないようだが、ブログを見れば一目瞭然で、かなりの使い手。完全にキャラが被っちゃった感じがするけど、清涼感あるカッチリした仕上がりは人気が集まりそうです。

 あとは表現に驚いたのがamuro_hさんの作品。こうきたか!って感じ。これって思いついたとしても実際にソレを塗装で表現するのって尋常じゃなく難しいと思うぞ。ただ、作品の写真が小さくなっちゃったのが残念だな。

 まー、そーゆーことで・・・いやいや冗談抜きに俺の作品のポイントはベースの錆具合だぁね。そこだけはアンドウケンジさんにも負けてねぇ!って思います、ウン。

 けど・・・そこじゃないロボ。( ´・ω・`)

 さておき。

Dsc04732


 多分、生粋のAFVモデラーでガイアノーツペインティングコンテストに出品したバカは俺ぐらいだと思う。えへんぷい。いわゆる一つの器用貧乏だな。

 それはともかく、器用貧乏君は過去作品を捨ててしまうことで有名なのだが(w)珍しいことに234の過去作品は二つとも現存しているのであーる!

 特に234/1はSHSでみにすけ屋さんとのコラボ企画にてセミスクラッチした251/23に砲塔を取られたにも関わらず、車体が生き残っていたのは奇跡。

 234/1は、一応イエローサブマリンのミニスケコンテストでハセガワ賞を頂いた記念の作品なので捨てるに捨てられず・・・思えばあの頃が俺の人生ピークだったのかもしれんなァ。

 今回の234/3はどんな風に仕上がるんでしょうねぇ。自分でも予想が付かないんで、楽しみ・・・かもしれません( ^ω^;)

 

 

 


にほんブログ村

より以前の記事一覧